サマータイム終了

イタリアでは毎年、3月末~10月末までサマータイム期間となります。
サマータイムは日本にはないシステムなので、あまりピンとこないかもしれませんが、簡単に言うと

時計を1時間早くして、明るい時間帯を有効に使おう!

ということらしいです。

例えば、普段なら夜の8時ごろまで明るい夏の夜が、サマータイムにすると夜の9時頃まで明るくなります。
一番日が長い頃は夜の9時半頃まで明るいので、晩御飯の後に家族で散歩にでかけたり、友達と出かけたりするようです。

ただ、夏の間は日が長いので、晩御飯の時間やこどもの寝る時間が遅くなったりするのが難点かも。。。
ケントが晩御飯を食べる7時頃はまだまだ昼間の様に明るいので、お昼ごはんを食べさせているような気になります(笑)。

さて、そんなサマー期間が昨日で終わりました。
サマー期間中は時間が1時間日本に近づくので、日本との時差は7時間だったのですが、今日からはまた8時間に戻りました。

このサマータイムになったり戻ったりする時ですが、いつも土曜日の夜中に変わるので、日曜日の朝に起きると時間が変わっています。

今日の朝は8時半に起きたのですが、時間はまだ7時半でした。
逆に、サマータイムになる日曜日は、8時半に起きるともう9時半に!
人との約束がある場合は、注意が必要です。

時間が変わる3月末と10月末の日曜日に列車などで移動する時は、時間に注意してくださいね!

昨日までは夕方6時半頃になると真っ暗になっていたのですが、今日からはもう5時半頃には真っ暗になるんだなぁ・・・。

いよいよ冬が近づいてきました。
さ、寂しい~~!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする