人種が違えば・・・匂い編

日本人同士でも、考え方の違いやら価値観の違いやらいろいろあると思いますが、日本人とイタリア人となると生まれ育った環境が全然違うので、「あれ?」と思うことがいろいろ出てきます。

最近あった「あれ?」は匂いについて。

少し前にプラスチックケースに入ったウェットティッシュを買ったのですが、いざ使おうとすると匂いがきつすぎてくさい!!
旦那に「これ、くさいよ」と言うと、「そう?くさい?」と言いながらケースに鼻を近づけてクンクン。

「匂いがきつすぎてくさい」と言うと、「僕にはいい匂いだけどな~」と言いながらさらにクンクン。

やーめーてーー。鼻が曲がるぐらいくさいよ、それ Σ(゜ロ゜ノ)ノ

・・・そう言えば、前にもこんな事が。

いつもとは違うケントのお尻拭きを買った時の事。
「あれ?これ、いつもより匂いがきついな」と思いながら使っている私の横で、「あ~、これはいい匂いだね」と旦那。

さすが、香水大国に住むイタリア人。
香水の様な強い匂いには免疫があるのかも。

でも、ラベンダーの香りは「僕、ラベンダーの香りは強すぎてダメ」って言うんだよなぁ。
・・・なんでやねん!!

う~~~む、もうこれは「いい匂い」と感じる匂いの強さが根本的に違うんだね。
「いい匂い」と感じる匂いの種類も、日本人とはちょっと違うみたい。

そして今日も、家にはあの強すぎる匂いのウェットティッシュが。
あ~~、くさい!!

(捨ててしまいたいけど、旦那が好んで使うので捨てられない・・・(´Д`;)/ヽァ・・・ )

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする