ミネストローネは赤くない!?

先週からずっと曇りの日が多く、すっきりしません。

肌寒い日は、コトコト煮込んだ野菜スープが飲みたくなる私。
イタリアの野菜スープと言えば「ミネストローネ」ですが、イタリアに来て気づいたことがあります。

それは、

ミネストローネは赤くない!

ということ。

イタリアではミネストローネにトマト缶は入れません。
(入れる人もいるのかもしれませんが、イタリアで今まで食べたミネストローネには入っていませんでした)

野菜と塩だけでコトコトと煮込むので、緑色のミネストローネになります。

作り方は、以前のブログで紹介した「マンマの味:ミネストローネ」をご覧ください。

野菜を順番に炒めていって、水と塩を入れて煮込んでいくだけの簡単メニューですが、水分が少なくなってトロッとなったミネストローネはまさに食べる野菜スープ。
栄養満点でお野菜もたっぷり取れるので、一人暮らしの人にもおすすめです。
じゃがいもを入れなければ、多く作っておいて冷凍しておけるのでとっても便利ですよ。

我が家でも、旦那もケントもミネストローネが大好きなので、寒くなるとよく作ります。
ミネストローネに、小さなパスタやお米を入れて食べることが多いです。
寒い時期にピッタリのミネストローネ。

是非作ってみてくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする